新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 山梨県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは山梨県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

山梨県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(山梨県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    山梨県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    私はこれまでに車の買取以来をしてみたことがあります。

    私だけでなく、売り手の多くは価格を高く売りたいと考えるはずです。

    そのためには車の専門誌やインターネットの買取サービスなどを使用して、よく買取価格の相場を調べておくことが重要だと思います。

    そうすると、買取の査定価格が高くなる可能性は上昇すると思われます。

    自分の車を売ろうと決めた場合は、さまざまな知っておくべきことを身につける方がよいでしょう。

    ポイントは、車税に関する知識を持っておくことで、手続きをどんどん終わらせることができます。

    中古車買取業者に話を持ち込む前に理解しておくことが望ましいです。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は値段がつかないこともあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    なんの変哲もない中古車なら車の買取に出して高値で売ることもできますが、事故を起こした車ともなると引き受けて貰えるだけで十分とお思いになるかもしれません。

    しかし、近頃では事故車でも一括査定でいくつかの買取会社の査定を受けると、予想以上の高い値段で買い取ってもらえる可能性もあるのです。

    無料一括査定サイトを使う場合には、提携業者を見極めましょう。

    無料査定サイトには、自分の住んでいる地域には対応していないようなマイナー業者ばかりが目に付くといったこともありますし、売ろうとしている車種の買取を苦手とする業者もあります。

    どういった業者が関わっているのかを確認して、自分に合うサイトなのか判断をして下さい。

    愛車を高く売るためにはどうしたらよいのでしょうか。

    推奨する方法に複数の業者からの同時査定をオススメします。

    今日ではインターネットに一括査定サイトといった便利なものがありますが、これで複数業者の現物査定を同時に受けることにより、買取額を競わせて、比較するのです。

    他にもオークションのように競ってもらえれば、より高値を付けてもらえるかもしれません。

    また、必要書類の準備をして即断で売れるようにすることも必要です。

    意外に思われるかもしれませんが、車のローン返済期間中は、車両が担保の役割を担っています。

    現在ローンしている車を売却する場合、ローンを完済し、所有権をローン会社から自分に変える必要があるのです。

    とはいえ、今は多くの車買取業者が買取額の中からローン完済分を立て替えてくれます。

    同時に、所有者名義の変更手続きも、業者が行ってくれるので安心です。

    ローン残債分と売却額を計算し、買取業者に清算するか、もしくは、クルマの売却額がローン分を上回れば差額を現金で受け取ることもできますから、簡単に処分が済むという訳ですね。

    業者が古い車の下取りをするのは、新しい車を買ってもらうためのご奉仕品のようなものです。

    新しくない車買取業者に買取をお願いした時のように、古い車の等級や色、追加要素などのポピュラリティの有る無しは下取り価格には殆ど影響されません。

    業者下取りに出す前に、いくつかの中古車買取ディーラーの査定を受けて、レートを知っておいてください。

    所有者の異なる車を売るときには、必要な書類はどのようにするのでしょうか。

    まず、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書といった書類を使います。

    あとは、所有者の同意書、他には、委任状および譲渡証明書なども用意する必要が出てくるのです。

    愛車を売却するときと比べると、少し面倒になります。

    車を買取査定してもらう場合、査定価格の中にリサイクル料や自動車税の残月分が計上されているのかを必ず確認するようにしましょう。

    その他、気を付けることとしては、買取後に返金請求が発生しないことをくれぐれも確認してください。

    場合によっては、金額を可能な限り低く抑えようとして、減点対象となる個所が後から見つかったと言って返金を迫ってくる業者もあるほどです。

    山梨県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    山梨県でおトクな新車リース申込なら