新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」

現在、新車のカーリースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース()

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    はじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    中古車専門の業者のところに持って行きますと、買取をお願いすることができます。

    申し入れる時は、会社によって買取金額が違うことに気を配ることが必要です。

    いっぱいの業者を引き合わせることで、高額評価を受けることができます。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

    車査定サイトを利用して査定を申し込むと、業者からしつこい程の営業電話がかかってくると言います。

    しかしこれはもう、そういったものだと事前に知っておけば、落ち着いて対処できるでしょう。

    対応の仕方としては、はっきりきっぱりと断りをいれることで、そうすると、あきらめてくれる業者が殆どでしょうし、それでもかかってくるなら、着信拒否ということにすると、そこまで大変な思いをすることになるわけでもないようです。

    また、一括査定サイトの中には個人情報を打ち込まなくても査定の金額を提示してくれるサイトを利用して申し込んでみるのも良いでしょう。

    動かなくなった自動車はどんなリサイクル業者でも売れるとは保証できません。

    買取してくれない中古車買取業者もある訳ですから、用心してください。

    はたまた、そうではなくて、走行不能者や事故車、水没車などの車を、積極的に買取してくれる買取専門業者もあるのです。

    専門業者に買取してもらえれば、一見価値など無く見える車でも高値で売れる可能性は残っているのです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも見積金額アップを狙って自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    2~3年前の出来事ですが、車の買い替えを思い立った際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を探し求めていたことがあります。

    その時には、情報を集める手段としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。

    想像していたよりも安い金額の提示が多かったのですが、車の査定価格は時期によっても少し変動するようです。

    個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定の場合にはトラブルの心配は皆無です。

    個人で売却した場合には、車の納品に関わらず、代金が支払われなかったり、お金を支払ったにも関わらず車の納品がされないといったリスクがあります。

    売却が終わった後に購入者からクレームがくることもよくあります。

    車の下取りで注意しなければいけない事は、自動車税にまつわることです。

    これについては、販売店により異なるようです。

    普通はきちっと説明してくれます。

    排気量の大きめの車では、数万になりますので、軽視しないべきです。

    逆に、軽だとすれば数千円の話であるため、大して、気にすることもありません。

    車査定と下取りを比べてみた結果下取りがベターと思っている人もいらっしゃるでしょうやはり、下取りだと持ちたい車を愛車に使って割安なお値段で買っていただく事ができますし、買取手続きも購入手続きも全部一緒にまとめて行使することができるので便利です。

    しかしながら、単純に売却価格だけを考慮すると、車査定の方が出費がかさみます。

    車の査定額を算出する際、事故車だったケースには、減点対象となります。

    だからといって、事故にあったことをごまかすようなことは諦めた方がいいでしょう。

    なぜかと言うと、嘘をついた後に事故車であるとバレて一悶着おきる事が多々あるからです。

    中古車買取業者は、数え切れない車を査定してきたのですから、事故車であると認めなくてもやがて事実は明らかになります。

    気持ちよく進めるためにも、ストレートに事実を伝えた方がいいでしょう。

    新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    おトクな新車リース申込なら