新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」

現在、新車のカーリースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース()

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    はじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごくごく一部には、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    所定の契約手続きをしないでなぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    車を売ろうと思っているときに、買取と下取りのどちらにすれば得かというと、高く売りたいと考えるなら買取です。

    下取りは買取よりも安価に手放すことになる可能性が高いです。

    下取りでは評価されない部分が買取なら評価されることも多いです。

    特に事故者を売却する場合は、下取りだと非常に低評価となり、廃車費用を負担しなければならないこともあります。

    買取では、改造車は決して高くは評価されません。

    手広くやっている買取店なら、メーカー、ディーラーで付けてもらったオプションは高く評価されます。

    サンルーフや純正ナビ(マルチ)、革シートなどは一般的に需要があるので査定額にプラスに影響しますが、一方、車高の調整や社外エアロ、社外アルミについては期待ほどの価値は認められません。

    スポーツカーを買取に出すなら間違いなく専門店が最良の選択です。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて戻ってくる制度があるわけではないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    新しい自動車の購入と古い自動車の売却が同時に可能なので、なにより簡単です。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであればディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、なるべく高く買い取りしてもらえる可能性が高まるのです。

    車査定は中古車市場の人気に影響を受けやすいので、売れている車であればあるほど高く買い取ってもらうことができます。

    重ねて、プラス部分を追加査定する方法を行ってくれることも多く、高値で売却できる見込みが高いです。

    以上のことから、下取りよりも車査定で売った方がより高額を得られるといえます。

    二重査定制度といえば、後から査定額の変更ができる制度です。

    咲いて業者に依頼を申し込んだとして、査定額が決まったとします。

    本来であれば、その金額での買取をしてもらいそれで終わりですが、後になって傷や故障箇所が発見される場合もありますよね。

    このような場合には、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更される可能性がありえます。

    傷の入った車を買取に出す場合、それだけ査定価格は下がってしまいます。

    さりとて、あらかじめ傷を直してから買取してもらうのも良い手段とは言えません。

    修理店に修復に出したとしても修理費用で足が出るくらいでしょうし、なんとか自分で修復を試みてもむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。

    綺麗な状態に戻そうという考えは捨て、素直にそのまま査定を受けるのが最も良いと思います。

    買い取りする車を査定する時に、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほどドンドン低く見積もられることになります。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    10万kmを越えて走っている車は「過走行車」と呼ばれて、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    現実的に中古車買取店巡りをしなくても、いっぺんに多くの業者の見積もりを車の一括査定サイトで比較することが可能です。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    しかし、複数の業者に一括査定しているので、デメリットもあってしかりで、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    やがて着信音を聞いただけでうんざりしたり、しつこく売ることを迫る店舗もある欠点が同時にあることを知った上で一括査定サイトを使うことが重要かもしれないのです。

    新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    おトクな新車リース申込なら