新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」

現在、新車のカーリースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース()

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    はじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えた車は多走行車という名称があり、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には「過走行車」と呼ばれて、査定金額がつかない場合も多いです。

    ネットでリサーチしてみると、下取りの相場がわかるサイトを見つけられます。

    そこを活用すれば、容易に愛車の相場が確認できます。

    車両メーカーの公式サイトによっても、相場を確認できます。

    車買取の一括無料査定を活用することで、相場を認識するというやり方もあります。

    かと言って、あくまで相場ですので、多少、金額は変動するものです。

    トラックといえば昔から変わらずホワイトが定番の人気色ですが、他の車種の場合は、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。

    売り上げの高い色、イコール、需要の高い無難な定番色が車買取においても査定額に有利に働くという事ですね。

    パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッド系に比べると査定に有利なようです。

    あるいは、限定色の場合も高値になることがありますね。

    中古車屋に車で行って当日中に査定してもらいたい時は、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    従って市場相場を下回る値段で買われてしまうこともあります。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方が価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    今まで乗っていた中古車を売ろうと決めたならば、なるべく丁寧に清掃してから手放すようにしましょう。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

    二番目としては、車内にこもっている嫌な臭いを少なくすることが出来るからです。

    ペットを乗せたり煙草を吸ったりしていた車は、具合がどの程度かにもよってきますが査定額を減額されても文句は言えませんね。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることで出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースが散見します。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には大変な思いをして自分で修理しようとしないで、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

    しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。

    売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。

    名義変更にかかる代行手数料は買取価格から天引きしてくれる会社が多く、契約書を交わしたあとに現金や振込などで支払うこともあります。

    そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。

    それと、売却には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。

    大手の中古車販売店ではプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    このアプリは、中古車をあまり査定したことがなくてもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、査定対象車の過去において修理したことがあったかどうかが確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    たとえ自動車ローンが残っていようと買取業者に売却することは可能です。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているという条件がクリアできるならの話です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は所有者名を変更することはできません。

    要するに、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    車の買取査定をする場合、その時期や依頼業者によっては数十万円の差がつくこともありえます。

    いつも車内の手入れや傷や凹みを付けないように心掛けることももちろんですが、少しでも高価に買取してもらうためには、いくつかの買取業者に依頼した上で、その値段を比較することです。

    新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    おトクな新車リース申込なら