新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 埼玉県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは埼玉県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

埼玉県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(埼玉県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    埼玉県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    いままで乗っていた車を売るために最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、ぜひ訪問させてくれという電話がたくさんかかってくるでしょう。

    面倒であれば、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトに最初から絞ることです。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に気にせず何度も電話をかけてくるケースもあります。

    それなら最初からメールのみにしておけば、誰にも迷惑をかけないですし、気分的にも楽になるでしょう。

    個人売買だと問題が起こりやすいですが、車の買取査定だとトラブルの心配は要りません。

    個人で売却した場合には、車の納品に関わらず、代金が支払われなかったり、お金を支払っても車を明け渡してもらえないといったリスクの可能性があります。

    売却後の購入者からクレームがくることもよくあります。

    車を高値で売るには、条件がいろいろあります。

    年式や車種やカラーについては特に重要なポイントと言われています。

    年式が新しく人気車種の車は買取査定額も高めになります。

    あと、同一年式、車種であっても、車の色によって値段が異なってきます。

    一般的に、白や黒、シルバーの車は高めに売ることができます。

    事故車と言われている車は文字通り事故で故障した車のことをさしています。

    正しく修理されていれば本当に、事故に遭った車なのか普通の人にはほとんどわかりません。

    事故車かどうかを心配していない方ならどうでもいいことですが、どうしても不安があるという人は中古車を買う際にはよく調べることが大切です。

    車のローン中ですが、その車両が担保となっているんですよね。

    ローンを完済していない車を売ろうとするならば、残った債務を清算し、ご自身が車の所有者にならなければなりません。

    面倒そうに思えますが、殆どの買取業者みずからが買取の際に売却額からローンを完済し、名義の書き換えも業者がしてくれます。

    ローン清算額とクルマ売却額の差額から、業者に残りの金額を支払うか、差額を現金で受け取ることもできますから、簡単に処分が済むという訳ですね。

    車体の下取り価格が下がる原因は、平均で1年間に1万キロ以上走っている、その車体のカラーが流行っていない、車体になんらかの傷や汚染が見られる、車のパーツに破損が見られる、車内での喫煙等が挙げられます。

    特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定価格低下につながります。

    万が一、修理部分があると査定金額はとても下がってしまうでしょう。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして中古車の買取会社と査定金額の交渉を行う際に需要となってくることは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、チェック済みではないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。

    価格交渉をスタッフとしようと思っているのならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    中古車買い取り業者の査定を受ける際、その前に車検切れが近い場合には、通しておいた方がいいのか、判断に悩む人も多いようです。

    しかし、これに関しては答えははっきりしています。

    というのも、査定額があがるのではないか、と考えて車検の期限が近い車の車検を律儀に通したところで、車検にかかった数万円、この金額より車検を通してあることでプラスされる金額が、大きくなることは考えにくく、通常は車検費用の方が格段に高くつくはずです。

    売るつもりでいる車がそろそろ車検切れを迎える、という場合は、もうその状態のまま売ってしまうのが正解のようです。

    雪が降った際、車が滑り、前部を電柱に衝突させてしまいました。

    エンジンにはかろうじて損傷がなかったのですが、そんな状況でも事故車扱いになってしまうでしょう。

    フロントのバンパーばかりでなく、フロントのフレーム箇所の修理修繕を行う状況となったため、修理代が非常に掛かってしまいます。

    一般的に年度末で決算でもある3月やボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。

    どこの販売店でもそうですが、今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    埼玉県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    埼玉県でおトクな新車リース申込なら