新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 宮崎県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは宮崎県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

宮崎県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(宮崎県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    宮崎県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    年式が非常に古く、見た目にも使用感のある車でも、中古車業者に買取を依頼すれば、高額での査定が期待できる場合もあります。

    生産台数が少なくあまり流通していない車なら、車好きな人が価値を見出してくれることがあります。

    マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。

    高く買い取ってもらいたいなら複数の買取業者の査定額を必ず見比べましょう。

    それに、自分の車の買取相場をネットで検索しておくというのもいいですね。

    車を買取業者に売却する場合に、消費税はどうなるのでしょうか。

    一般的に、買取、査定額自体に上乗せをして消費税をいただけることはないです。

    車買取、査定業者の立場としては、内税といった形で査定額内に消費税は含まれているというスタンスです。

    ですが、車査定、での消費税の扱い方には曖昧な点もあります。

    車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。

    手間をかけてでも、同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。

    営業が一社だけだと、金額を提示したあと「上司に相談します」、上乗せして「がんばりましたこの価格」とやってのけるのですが、もちろん鵜呑みにしてはいけません。

    あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。

    どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないと思ったほうが良いのではないでしょうか。

    最低でも2社は比較するようにして、これなら売ってもいいと思う業者を選ぶことで、気持ちもすっきりするはずです。

    車を売る場合、エアロパーツのことが心配でした。

    純正のエアロパーツに気に入ったものが見つからなかったので、社外パーツを取り付けてしまったため、査定金額の値下げは覚悟していました。

    しかし、複数の査定業者に査定を要請したら、エアロパーツを加算評価してくれたところもあって、言う事のない査定価格を見積もらせてもらえました。

    車の売却時に、一括査定サイトの利用をされる人がきわめて多くなってきております。

    無料見積りサイトを使用すれば、まとめて複数の買取業者に査定依頼ができるので非常に便利です。

    その中から、もっとも高額の査定額を出した業者に売却すれば、高額買取を引き出すことが容易に実現できます。

    ただし、一括査定サイトの利用を考える場合には、気をつけておくべきこともあります。

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほどその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのは便利ですし、下取りに出すより高い利益を得ることができるのですが、短所がないわけではなく、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    職場の電話や仕事の連絡にも使う携帯番号などを入力してしまうと、仕事に支障がでかねないので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのがてきめんに効きます。

    一般的に年度末で決算でもある3月や夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    中古車販売業者の多くはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売却を漠然と考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのはどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    車査定は普通の車を売るときに使って、レアな車はネットのオークションを利用して売るというのが妥当かもしれません。

    ですが、ネットオークションだと個人が売り買いするので、トラブルに発展するリスクが高いです。

    ローリスクで車を売りたいのであれば、車査定での売却を選んだ方が無難でしょう。

    宮崎県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    宮崎県でおトクな新車リース申込なら