新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 宮崎県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは宮崎県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

宮崎県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(宮崎県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    宮崎県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車を手放す際、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、買い取り金額が確定して契約成立した後で減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。

    しかし、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても応じなくてよいです。

    その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、それとは違うのなら減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。

    中古車業者の何軒かに愛車の査定をしていただきました。

    その中で、ガリバーが最も高く買い取ってくれるとのことなので、こちらの業者に売ることを取り決めました。

    まずはネットで車査定し、その上で別の日に、愛車を店舗に持っていったところ、ネット査定額よりも高額だったため、すぐに売却を決めました。

    中古車を見積もる際の基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、事前にしっかりと掃除することで見積金額のアップが狙えます。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、最初に断っておくべきです。

    このベースとなる基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    新車に買い替えをする際に、これまで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンがたくさんあると思います。

    だけど、ほとんどの場合では、下取りでは満足な価格の査定を望めないものです。

    一方で、中古車買取り専門店に売ると、車を下取りに出す場合よりも、高額査定してもらえることが多いのです。

    車の買取査定を申し込みたいけど、個人情報は教えたくないという人も少なくありません。

    ですが、匿名で車の査定をするのは難しいです。

    メール査定であればできそうだと思いがちですが、残念ながら申請に必要な個人情報を入力するので、匿名でということはできません。

    車を査定する時は、個人情報を相手に伝えることが義務なのです。

    多くの人が車査定の際に利用しているのは、一括査定を依頼する方法です。

    ネットを使って申し込みをするとひとたび項目を入力すれば、多くの買取会社から査定の結果や訪問査定の日を決めるための案内が届けられます。

    色々なことが家に居ながらにしてできる、便利な世の中になりました。

    車を売りたいと思う多くの人が、このような一括見積り、査定を使っているようです。

    新しい車を買う時に古いほうの下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、自分で買取業者を見つけて売るのと違って大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつく傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は還付の条件を満たしていれば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自らが保険会社に対して手続きをしてはじめて還付されます。

    車の価値と下取りを評価した場合下取りを選択したい方もおりますでしょうおそらく、下取りだと運転したい車をオキニとして乗ってお手頃な価格で買っていただく事ができますし、買取手続きも購入手続きも一括にまとめて行うことができるので都合が良いですだが、単純に売却価格だけを考察すると、車査定の方が出費がかさみます。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    虚偽申告は業者を騙すのと同じことで、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    修復歴をあえて隠すというのはいわば告知義務違反ということになりますから、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    そもそも契約書の規定にもほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    宮崎県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    宮崎県でおトクな新車リース申込なら