新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 沖縄県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは沖縄県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

沖縄県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(沖縄県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    沖縄県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    匿名で調査判定してもらうことができない最も大きな理由となるのが、盗難車や犯罪に用いられた自動車であった際に、とんでもない問題になるからです。

    そういったケースの車を評価額算出してしまった場合、買取業者まで被害を被る可能性もなくはなくなってきます。

    この危険な確率を上げないために、名乗りなき査定は行わないと申し上げておきます。

    結婚したことを機に、今までの愛車だった車を売って、代わりに大型車へと買い換えました。

    軽自動車なんかは売っても、二束三文にしかならないだろうと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。

    思っていたより随分と買取価格が良かったのです。

    買取業者の話では、軽自動車は人気があるので、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、次の選択肢は2つしかありません。

    そのまま廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    そのような業者では車をそのまま売ることは稀で、利用できるパーツごとに販売するなどして商売しています。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも買い取ってくれるというわけです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    中古車専門の買取会社の中には沢山の種類があって、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、ある特定の種類の車種販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、軽自動車限定で扱っている会社に売った方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、そこで判別可能です。

    持ち帰りなしで、即日査定してくれる買取業者もいます。

    早くお金がほしい人にとってはありがたい話ですが、即日査定を前面に出すと足下を見られて、いいように査定されてしまうのでなるべく複数の業者に見てもらいましょう。

    「車査定 即日」のキーワードで検索して、どんな買取業者が近くにあるのかあらかじめ見当をつけ、連絡がつく限り多くの業者とコンタクトをとるようにしましょう。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から先を争って電話連絡が来ますから、覚悟は必要かもしれません。

    トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、査定してみると価値がつかないことが多いです。

    しかし、例外もあります。

    例えばタイヤが新しい場合や、十分な車検の期間が残されているなど、なにかしらの値打ちがある車両であれば案外、すんなりと売却できる可能性もあります。

    複数の買取業者にあたってみるのが良いと思います。

    業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。

    査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。

    きちんとした会社の営業マンなら売主が必要書類を揃えておけば、引き取りまでの一切の手続きを業者が行いますから、本当に手間要らずです。

    こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・自動車税の納税証明書(最新のもの)です。

    結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。

    それから、車のキーも用意しておいてください。

    代金を現金払いしない業者では後日振込みとなるので、振込先の口座も用意しておけば万全です。

    車査定は中古車市場の人気に影響されやすいので、売れている車であればあるほど高く買い取ってもらうことができます。

    さらに、プラス部分を点数を増やしていく査定方法を用いていることも多く、思わぬ金額で売却できる可能性が濃厚になるはずです。

    だから、下取りよりも車査定の方が良いといえます。

    車の外観の傷というのは中古車の売却査定の際に確認される部分です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは特に減額対象としない場合が多いです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理代を上回るほどの査定額アップは「十中八九ない」と断言できます。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    沖縄県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    沖縄県でおトクな新車リース申込なら