新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 神奈川県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは神奈川県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

神奈川県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(神奈川県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    神奈川県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車の査定をいつ受けようか悩んだことはありませんか?車査定を受けるのに一番良い時期はと言うとそれは、車の処分を考えたまさにそのタイミングです。

    なぜなら、車は放置したままでもどんどん劣化してしまうものなのです。

    ということは、時間が経てば経つほど、価値が下がってしまうのです。

    査定を受けるならば可能な限り、新しい方が高く売れるというわけです。

    ですから、悩んでいるならばすぐに査定を受ける事が最も正解に近いと言えるでしょう。

    車検に出すのを忘れていて、乗れなくなった車でも、問題なく買い取ってくれる業者は多いです。

    車検を通してから買取に出したとしても、車検費用にかかった分以上に買取価格が上がることは普通はないですから、出張査定に来てもらってそのまま買取に出す方がいいです。

    廃車手続きをすることを考えても、タダではできないし手間もかかるので、遅くならないうちに査定をお願いして、少しでもお金になる内に買取に出すようにしましょう。

    愛車の下取り、査定価格では過去何キロ走ったかによりだいぶ左右されるものです。

    例えば、10万km超えの車では買取、下取り価格に期待は持てないです。

    一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば下取りの査定額があがりやすいです。

    走行距離が短い方が車の状態も良いとの判断になるわけです。

    車を売る時に、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売却するのは、どちらがよいのでしょうか。

    最近は、一括査定などを使って、査定買取業者にお願いする人が増えてきています。

    しかし、決まって買取業者に売る方がいいとは限りません。

    一例を挙げると、決算期やお正月のキャンペーンの時などはディーラーに売った方が得になることもあります。

    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などの幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    新たに転居したり結婚したことで車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    事故車、と名づけられている車は文字通り事故で故障した車のことをさしています。

    適切に修理されていればどの車が事故を起こした車なのか普通の人にはほとんどわかりません。

    事故車かどうかを考慮しない方なら関係ありませんが、どうしても不安があるという人は中古車を買う場合にはよく調べることが大切です。

    乗っている車を手放そうとする際には、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし実際に全損には2種類の意味があります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    もし実勢価格と違うと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をすることは有益ではありません。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    車査定をやってもらいました。

    特に注意点は、なかろうかと思われます。

    高く売却するコツは、やはり、洗車らしいです。

    洗車でぴかぴかに保っていると、査定士は良い印象を持ちますし、査定がスムーズに進むからです。

    意外とノーマークなのは、エンジンルームだと思います。

    エンジンルームも洗車すべきポイントです。

    神奈川県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    神奈川県でおトクな新車リース申込なら