新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 秋田県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは秋田県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

秋田県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(秋田県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    秋田県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    多くの人が車査定の際に利用しているのは、一括査定を申し込むことです。

    ネットを使って依頼すると、一旦、必要項目の入力をすれば多くの買取会社から査定の結果や訪問査定の日を決めるための案内が届きます。

    便利な世の中ですね。

    車の売却を考えるほとんどの人が、この一括査定を利用していると聞きます。

    子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、思い切って車を買い替えたときのことです。

    古い車は下取りしてもらうことになったのですが、実際、下取りしてもらった経験はなかったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。

    同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなと実は今でも、つい考えてしまいます。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    車の査定は出張査定をしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、稀に有料の場合があります。

    その時は査定料として請求されるのではなく、出張料金として請求される可能性があります。

    料金を取るところが違法な業者という訳ではありませんが、余計な費用をかけないためにも、可能であれば無料査定のところを利用してください。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで中古車の価値を算定します。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでプラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    査定のプロが見るのですから、事故歴や修理の痕を隠そうとしてもうまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、手始めに査定サイトなどから申し込み、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、業者が来て実車査定を行い、最終的な買取額が算定されます。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから売主の口座に売却代金の振込があります。

    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、大抵の会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、見積もり結果を出してくれるのです。

    この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。

    一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同時に呼ばれた査定士間で査定額の競争が行われるのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へお願いする事が可能ですので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    買取を依頼してこちらに招いた場合でも、必ずしも車の売買契約を結ぶ必要性は存在しません。

    買取価格が思いの外低ければ断れるのです。

    車買取の一部の業者は、車を売るまで居座ったり、出張費用や査定費用などの支払を求めるところもあるので、注意しましょう。

    あらかじめ口コミを確認してから出張買取を依頼するといいでしょう。

    秋田県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    秋田県でおトクな新車リース申込なら