新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 茨城県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは茨城県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

茨城県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(茨城県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    茨城県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車にできてしまった傷や故障は、基本的には何も改善せずに査定してもらうよう提出しましょう。

    傷や壊れた個所があれば、その分だけ評価額は低くなってしまいます。

    しかし、かすり傷や故障は、買取会社が自分で整備、修理したりするので、査定前に修理しておく必要はないのです。

    減らされる金額よりも、修理費用の方が高額になってしまいます。

    車査定と下取りのどちらがいいかと考えたとき、下取りのほうが優れていると思っている方も多いと思います。

    確かに、下取りの場合は欲しい車を愛車の下取り額で値引きすることが可能ですし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行えて、便利です。

    ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高額になります。

    車査定を受けるのに一番良い時期はいつでしょうか。

    一般的には3月だという事になっていますね。

    なぜ、3月がおススメなのでしょうか?それは生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、中古車市場が大きく動いてしまうんですね。

    需要が高くなるということは、気になる買取価格についても、多少は高めに買ってもらえるようです。

    それに加えて、自動車税も関わってきますから、査定から売却までを3月中に済ませてしまう事が良いと思います。

    以前、査定額を確認して気分が下がりました。

    私の車はこれだけの価値しかないんだと気付きました。

    素人とは別で、あちこち点検が組み込まれていました。

    落胆してしまったので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、ほとんどいっしょの内容でした。

    車を売る時には、色々な書類が必要なのです。

    例えば、車検証をはじめ発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主な書類となり、後、実印なども準備が必要です。

    また、お店にて書く書類として、譲渡証明書や委任状の作成が必要になってきます。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    どこの販売店でもそうですが、できるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売却を漠然と考えているのであれば、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    よく、ライフステージが変わる時が車の買い換え時期だということは言われますが、我が家でも家族が増えて、今持っている車を買い換えることにしました。

    その際、一社だけ相手にすると相場がわからないと思い、いくつかの会社に査定を頼み、その中から、結果的に一番大きな金額を提示してくれた業者に売却を頼みました。

    スタッドレスタイヤをつけていたのですが、元の値段を考えると、このタイヤのためにどれくらいプラスになるだろうかと、内心かなり期待していたわけですが、あまり変わりがなくて拍子抜けしました。

    ヒビがあったりなど、いい状態とはいえない物だったということで、売り物レベルではなかったみたいです。

    でも、無料で引き取ってくれたので感謝しています。

    店で話を聞いてみると、スタッドレスタイヤの状態が、とても良いものであった場合だとタイヤだけで車とは別に売却する方が、値段はよくなるようです。

    大切にしていた車を高価で手放したいのであれば、下取りはやめて買取を選ぶようにしましょう。

    買取の方がよりプラスになる可能性が高いです。

    それに、事故車、故障車の売却希望の際は、下取りにするといい評価が見込めないため、得をするというどころか、廃車の費用がかかる可能性もあるでしょう。

    けれども、買取の場合は専門業者を選べば、正式に買取をお願いすることができます。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    そのまま廃車にするか、専門業者に買い取りを打診するかです。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして商売しています。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車も買取が可能なのです。

    大事に乗ってきた車ですから値段がつけば嬉しいものです。

    また、ほとんどの業者は廃車手続き代行も行っています。

    愛車を買い取ってもらう際、走らなくなった車でも有料買取してもらえるのかは多くの方が気にする点かと思います。

    たとえ不動車であっても、日本車は品質や性能の良いパーツが取れることから、それだけでも値段が付くことがあるので、いくらかでも有料で買い取ってもらえる場合はあるでしょう。

    そうした車を主に買い取っている業者も存在するので、いくつか業者を調べてみることをお勧めします。

    茨城県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    茨城県でおトクな新車リース申込なら