新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 長崎県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは長崎県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

長崎県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(長崎県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    長崎県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    先ず第一に、車の買取においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    車買取の出張査定が無料なのかは、買取業者のHPを確かめれば分かるようになっています。

    もし、査定の情報量が少なくて、そういった点が掲載されていない時には、直接電話をしてみて確かめるようにしましょう。

    一括査定でお金がかかってしまうのはもったいないことなので、少しばかり、面倒だと思わず事前に確認を取るようにしてください。

    買取価格をアップするためには、より多くのの車買取業者に査定を依頼するのが大事です。

    車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取金額に違いが出ることもあります。

    何社もの業者に査定してもらえば、買取価格の最高額がわかるので、より良い交渉ができるはずです。

    自分にはちょっとと思う方は交渉が得意な友人に一緒について来てもらうといいですね。

    車査定を受ける場合には、必要とする書類、取扱説明書、記録簿などを事前に前もって用意してくだけでも好印象につながり、査定額アップが見込まれることがあるので、しておいて損はないでしょう。

    反対に、故障や事故歴などを黙っていたり、嘘をついたりすると悪い印象を与えます。

    修理歴や故障などを偽っても、必ずわかるようになっていますのでトラブル発生につながるのです。

    事故してしまい車を修理した時は、正式には事故車とは呼ばず修復暦車と呼びます。

    修復暦車では車買取業者の査定において、査定の金額が大幅に落ちてしまうひとつの要因となります。

    ただし、軽い事故を起こして修理した場合、修復暦車とみなされない場合もあり、高額査定が受けられる車もあります。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。

    残っていたローンを車を売却する以前に全部払えるのであれば困らないのですが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額からローン残債を支払うという手もないわけではありません。

    もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構あります。

    一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

    自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば本人以外でも代理人契約として売却できます。

    ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

    名義がクレジット会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。

    完済して名義を変更したのちに、査定・売却となります。

    買い取りする車を査定する時に、走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって査定金額は低下していくのです。

    距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては通常「多走行車」という呼び名があり、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万キロメートル以上の車に関しては走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うのです。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    車の査定をしようかなと思う一方、個人情報を出さなければならないのが困るという考えの人もいます。

    特にネット経由の一括査定を依頼すると、少なくない買取会社に自分の個人情報を見られるのが難点ですよね。

    ですが、国の法律によって個人情報は厳正に管理しなければならないことになっているので、基本的には心配には及びません。

    長崎県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    長崎県でおトクな新車リース申込なら