新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 長野県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは長野県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

長野県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(長野県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    長野県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは法律的には告知義務違反となり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    そもそも契約書の規定にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    中古車を少しでも高値で売るにはどのような部分に、注意すべきでしょうか。

    インターネットによる一括査定を使っていくつかの業者の査定を受けるのが賢いやり方だといえます。

    また、買取を依頼する前に車内、車外も含めて、洗車をちゃんとして綺麗に見えるようにしておくことも必須です。

    車の外の部分だけではなく、車内も忘れずに掃除するようになさってくださいね。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    一括査定を申し込んですぐ車を売るように勧める電話攻撃が始まるでしょうが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、現実の見積もりに進んでいきましょう。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところには気を付けるようにしましょう。

    車買取業者による主な査定点は、車の年式や走行距離、次の車検までの年月、車体に傷が無いのか、車内の状態なども重要なポイントです。

    意外と盲点なのが、時期や季節です。

    新車種の発売前やモデルチェンジ前などには通常より査定額が良いそうです。

    タイミングを見計らって、一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、車内の掃除や洗車を怠らず、新車に近付けることが満足度の高い売却への近道ですね。

    大抵の中古車買取業者においては、車を査定するために要する時間というのは実質おおよそ15分弱でしょうか。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの相場をもとにして基礎となっている中古車の査定額が定められていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

    車査定を受けるのにいい時期は、一般的に3月が良いと言われています。

    なぜそうなのかというと、4月なると入学や就職に向けて中古車を求める人が増え、1年で一番、中古車の市場が大きく変わるからです。

    需要が高くなるということは、それに伴って、買取価格も高くなることが多いようです。

    それに加えて、自動車税も関わってきますから、3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのが正解ですね。

    車を買い換えについてです。

    私も色々考えまして、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。

    どうやるかというとまず、ネット上の一括査定サイトをパソコンかスマホで表示し、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者からのコンタクトがあります。

    電話連絡の場合が多いです。

    場合によりますが、5社くらいから電話がくることが普通です。

    電話がきたらそこで、どのくらいの値段で車が売れるか尋ねます。

    そうやって値段がわかったところで、良さそうな業者を二つ三つ選びだし、それ以外の業者については、そこでもう断りの電話を入れるようにしています。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、同じ全損にも2通りあります。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、その時々の市場相場に基づいています。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は価格を割り出します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    マイカーの出張査定を依頼しても買って引き取ってもらうことを断ることができます。

    査定とは、自分が乗っていた自動車を売ってお金にしたいと思ったときに、中古車買取業者が、いくらぐらいで売却出来るのかを自宅まで無料査定に来てくれるわけです。

    査定された額が自分の想定よりも高くないケースには、断っても構いません。

    先日、査定表を確認して落胆しました。

    俺の車はこれくらいの価値なんだと考えました。

    一般人とは違って、あちこち分析が添えられていました。

    落胆してしまったので、よその買取業者も査定を頼んでみたのですが、ほぼ変わらない内容でした。

    長野県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    長野県でおトクな新車リース申込なら