新車リース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 長野県

「月々1万円台で乗れるのは?」
「車検や税金もコミコミ?」
「メンテもお任せできる?」


当サイトでは長野県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの新車リース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

長野県の街で見かけるカーリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/
1,000km/
1,500km
車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(長野県の方へ)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種ランキング

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ ライズ
    • ホンダ N-BOX
    • ダイハツ タント
    • スズキ ジムニー
    • スズキ ハスラー
    • トヨタ ヤリス
    • ダイハツ ムーヴキャンバス
    • スズキ アルト
    • トヨタ アクア
    • ニッサン デイズ
    • スズキ ワゴンR

    長野県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    こういった方は、一括で購入して、ご自身でメンテナンスするのがおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車査定とディーラー下取りでお得なのは、車種や色、車の状態にもよりますが、買取額が高くなる可能性のある車査定がおすすめです。

    というのも、ディーラーによる下取りは標準査定価格に基づいた計算がされますし、さらに、新車の値引き分を含んだ価格が提示されるケースも少なくないので、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、愛車の価値がはっきりしません。

    そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りよりより高額で買い取ってくれる可能性が高いと言えます。

    ご自身の愛車を最も高く買い取ってもらうために複数の業者からの同時査定をオススメします。

    ネットを使って、一括査定サイトから複数の業者に出張査定を申込み、同時に現物査定してもらって、互いに買取額を競ってもらうというものです。

    他にもオークションのように競ってもらえれば、もっと高い買取価格も夢ではありません。

    他にも、重要な書類を準備して、即断で売れるようにすることも忘れないようにしましょう。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、高めの査定がつきやすいという噂があります。

    しかしながら、見落としやすいからこそいつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

    また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしてもこちらが絶対有利なんてものはないですし、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    少し前に、一括査定サイト経由で申し込みをして、車買取業者の査定を受けてみました。

    無料で受けられたので、査定に手数料はかかりませんでした。

    前に古い車を下取りに出したときには、査定料がかかった上、後から調べたところ、買取の方が高い価格だったので、もう絶対に下取りは止めて、買取にしようと思いました。

    ネットオークションという方法もありますが、ネットを通した車の個人売買はトラブルが多いということですし、きちんと対応できる自信もないので、専門の業者に頼んだ方が安心だと思います。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    最初にウェブから査定を依頼し、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そしてOKなら正式に契約します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして無事に手続き全般が終わったところで代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    中古車の下取りに必要になってくる書類は、ずばり車検証です。

    もしこれがないと、下取りに出せません。

    ちなみに、フェリーに乗るときにも必要なのです。

    車検証は、ものすごく重要な書類です。

    大切に保管しておく、必要があります。

    さらに、整備記録等もあれば、下取り価格が上がったりとします。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元凶となります。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    車を売った時、入金される時期について気になる人もいるでしょう。

    残っているローンの処理であったり、車両点検を再度行って、見落としているものがないかどうか確かめなければいけないので、通常であれば、契約をしてから1週間以内にはおそらく振り込まれるでしょう。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売却することでかなりの節約になること請け合いです。

    維持費の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    以上の合計金額を計上すると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。

    長野県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    長野県でおトクな新車リース申込なら